2020.02.01
サロン・ド・ラン新聞 令和2年 2月号

なんだか顔の重心が下がってきてメリハリがなくなった気がする・・・

そんな顔たるみが気になり始めたら生活習慣とプロのケアで対策しましょう!!

女性ホルモン(エストロゲン)の減少が加速させる原因です。

 

  顔面骨密度の減少

頬骨が低くなったり、目の周りの空洞が大きくなるため、

皮膚が余って目元が落ち窪んだり肉が落ちて重心が下がります。

☆骨に必要なビタミンⅮを摂取(鮭・青魚、しらす、干しシイタケ、きくらげ)

☆日光に当たるのも◎

手のひらを太陽にかざしてみましょう(15分から30分でOK

☆かかと落としの振動で刺激を与えて骨を鍛える!!

つま先立ちでかかとをあげ、体に振動を感じるくらいドンと下す動きをすると効果的

  顔面筋の支持組織のゆるみ

紫外線やストレスによる酸化、

糖化などによって顔面筋を支える肌内側の組織がゆるむことも・・・

☆リラックスした表情からゆっくり目を閉じ顔じゅうの筋肉を鼻先に集めるイメージで寄せていく、

鼻の下から眉まですべて伸ばしていくことをゆっくり三回くりかえしてみましょう!!

  皮下脂肪の肥大

顔にも脂肪がつきやすくなり、その重さでたるみやすくなります。

☆耳後ろの小さな骨から首を斜めに中央鎖骨上に流しそこから外側へ

指先で優しく押しながら移動させリンパを流します

  コラーゲンとエラスチンの減少

紫外線の影響による酸化、食事の糖質余剰分と肌のたんぱく質が結び付き糖化するとコラーゲンが劣化してハリ不足に。

☆一年を通して紫外線対策を!しっかり睡眠をとることも重要

☆焦げたものや甘いものアルコールの摂取を避けて

☆緑黄色野菜やブドウなどのポリフェノール類が◎

また、くちびるはハリやボリュームが失われて薄くなり、縦ジワが出てきます。輪郭が曖昧になり口角が下がるのも顔全体が老けた印象が強くなります。

くちびるの血色がいいとイキイキして見えるためくすんで色が悪くなることも老けにつながります。

◎うるおいを与えることでボリュームアップ

 ヒアルロン酸やコラーゲン、はちみつでくちびるぷるぷるに!

◎くすみケア

 血流を促すビタミン類は角質肥厚によるくすみを防ぎます

◎バリア機能サポート

 紫外線防止成分も大切

いかがでしたでしょうか?たるみのないメリハリのある顔を目指しましょう♪

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-3-22 一番町センタービル2F TEL:022-262-2910 FAX:022-262-3904
8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
上記赤日 が休業日となります。