2019.08.01
サロン・ド・ラン新聞 令和元年 8月号

 

今月は肌質が変化する5つの要因をご紹介します。

1 加齢

細胞や組織の衰え、毛細血管の萎縮などが原因で血行が悪くなり、代謝が下がります。肌悩みのほとんどは加齢とともに増える傾向があります。

 2 女性のリズム

月経時はエストロゲン・プロゲステロンの分泌が減ることで肌がデリケートになり乾燥や肌荒れが起きやすくなります。妊娠時はプロゲステロンの分泌が増加し、皮脂の分泌量が増えたり、色素沈着やしみができやすくなったりします。更年期はエストロゲン・プロゲステロンの分泌が減っていく事で肌が乾燥し、かゆみが出やすくなります。

3 精神的ストレス

ストレスがあると自律神経系、内分泌系、免疫系から全身に影響がでます。交感神経が活発になるので、抹消の血行不良・栄養不足が起き、肌では乾燥、肌荒れ、くすみ、クマが生じやすくなります。白血球の働きが強まるので、ニキビや皮膚炎、しみが悪化することがあります。

4 胃腸の不調

胃腸が不調になると、食べ物の消化吸収が不十分になり、便秘につながり肌に何らかの影響があります。

5 生活習慣

偏食、嗜好品、運動不足、睡眠不足、肌を正しくお手入れしない生活、紫外線対策不足    

様々な要因がありますが、仕方ないと諦めず予防できるところはしっかり予防、改善してゆきましょう!

 

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-3-22 一番町センタービル2F TEL:022-262-2910 FAX:022-262-3904
9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記赤日 が休業日となります。