2017.04.08
サロン・ド・ラン新聞H29年4月号

皆様、こんにちは。新年度が始まりましたね。桜の開花が待ち遠しい季節になってきました。仙台のお花見の時期は、風が強くて、気温もまだまだ高くはないので防寒着は必須アイテムです。皆様の地域でのお花見はどんな感じでしょう?

さて、先月の新聞では「ルテイン」を取り上げてみましたが、お伝えできたのはほんの一部の効能だったのですが、少しでも気にかけていただけたでしょうか?今月はこの「ルテイン」を効率よく摂取するための料理方法をご紹介。

先月も申しましたが「ルテイン」は脂溶性の栄養素です。なので、熱や水分で栄養素が壊れることはありません。油分と一緒に調理、摂取することが重要です。

「ルテイン」が含まれている食品で1番は「ケール」で、100g中21.9㎎で「ほうれんそう」の2倍です。しかし、そもそも「ケール」自体スーパーなどでお目にかかることがないので残念ながら除外です。「ケール」から「ルテイン」を摂取するならば、「青汁」でしょうか。

普段の生活で目にする食材で「ルテイン」を摂取するならば、「ほうれん草」が一番簡単なのではないかと思います。その他、「ブロッコリー」や「グリンピース」「カボチャ」などにも含まれているので、これらの食材を合わせて調理するのもいいですね。

・ほうれん草のバター炒め

   作り方は皆様もよくご存知かと思うので割愛しますが、炒める前にほうれん草のあく抜きはお忘れなく!ベーコンやハムを入れると彩りもよくなりますね。また、バターではなく、ごま油を使って炒めてみても風味が変わって美味しくいただけると思います。

・ブロッコリーやカボチャを使ってシチュー

   じゃがいもの代わりにカボチャを使って。でもブロッコリーもカボチャも煮すぎると崩れてしまうので、先に茹でておいたものを最後に加えて味を調えるのがいいですね。鶏肉の他に、エビやサーモンを使っても美味しそうですよ。

・カボチャの含め煮

   カボチャの煮物も作られる方は多いと思います。醤油、砂糖で煮付けた後最後にバターをひとかけら、15g位を加えてカボチャに絡めるとコクが出ます。

 

普段から食べることの多い食材がほとんどなので調理方法も皆様のほうがご存知かと思います。きっとシンプルな調理が一番おいしく頂けるはず。「茹でたブロッコリーにマヨネーズ」とか。マヨネーズの味に飽きたら、醤油を少し加えたり、味噌をちょっと混ぜたりしてみるのもお勧めです。

では、今月はこの辺で(^ ^)/

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-3-22 一番町センタービル2F TEL:022-262-2910 FAX:022-262-3904
8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
上記赤日 が休業日となります。