2016.09.05
サロン・ド・ラン新聞 H28年 9月号

9月になりました♪ 夏バテはしませんでしたか?

まだまだ紫外線の強い日も続きますが、紫外線は曇りの日、木陰でもたえずお肌の上に降り注いでいますし、地面に反射した紫外線を浴びてしまうこともあります。
また汗で取れてしまいますので、汗を拭きとってからファンデーションの塗り直しも大切です。

紫外線対策と同じくらい大切なのが、夏の紫外線でダメージを受けたお肌や日焼けしてしまったお肌のケア『冷やして保湿!!』です☆☆☆

日焼け後は皮膚が軽い火傷状態になっているため、まずは冷やして炎症を抑えるようにしましょう。

冷やし方は、タオルを冷たく冷やして日焼けしたお肌の上に置きます。
タオルが温くなったらまた冷やして乗せるのを数回繰り返して下さい。

洗面器に溜めたお水に保冷材や氷を浮かべて、冷たくなったお水でタオルを濡らして使用すると低刺激でお肌を冷やせますよ♪保冷材や氷は刺激が強すぎるのでお勧めしません((+_+))
日焼け後は紫外線により、お肌の水分が奪われ乾燥しています。

お手持ちのお化粧水をコットンやフェイスシートにたっぷり含ませたローションパックがお勧めです☆ 

この時、お肌に水分を浸透させようと長時間コットンを放置すると、コットンの乾燥と一緒にお肌の水分まで奪われてしますので注意が必要です!
コットンが渇く前に剥がして下さい☆大体3~5分が目安時間です。

パックをした後もまだ赤みがある時は炎症を抑えて保湿もしてくれるナイトジェル、赤みが落ち着いた場合はコラーゲン配合のエッセンスジェルがお勧めです。         
ジェルで保湿をした後は、お肌の角質補修をしてくれるモイストを付けてあげて下さい♪ 紫外線でダメージを受けたお肌を整えてくれます。

シミの原因というイメージが強いですがシミ以外にもシワの原因にもなりますし、あらゆる皮膚老化の原因にもなります。
これらの皮膚老化を予防する為にも今の時期にビタミンC配合のお化粧品を使用することが今後のお肌に大きく影響してきます。

サロンから新しく出たホワイトニングシリーズは保湿成分も配合されており、美白だけではなく肌荒れにも効果があります。是非皆さん紫外線の強いこの時期にお試し下さい♪

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-3-22 一番町センタービル2F TEL:022-262-2910 FAX:022-262-3904
12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
上記赤日 が休業日となります。