2016.08.02
サロン・ド・ラン新聞 H28年 8月号

8月です♪ あっという間に8月になりましたね(^◇^)
暑い毎日で皆さんバテバテになっていませんか?

さてさて先月は体の冷えにお勧めの『白湯』をご紹介させて頂きましたが、今月はその冷えが影響して起こる『夏の浮腫み』についてお話しさせて頂きます。

気温の高い暑い夏は他の季節に比べて実は浮腫みやすいのです☆

暑い日に冷たいものを飲み過ぎたり、エアコンの効いた部屋にいたりすると体が冷えて血行が滞り浮腫みに繋がります。
また、暑い日に汗をかくと汗を一緒に浮腫みを防ぐのに必要な「ビタミン」「ミネラル」など体に欠かせない栄養素も一緒に排出されます。
それに加えて暑さで体力が低下している状態で一層浮腫みやすい状態になるんです((+_+))

浮腫みの代表的なチェック方法としては☆☆☆
体→●スネのあたりを指で指圧してへこんだ跡が残っている
  ●靴下の跡が残っている 
  ●朝は普通に履けた靴がだんだんきつい感じがしたり、履くのが困難になる。
    などがあります。
顔→●瞼が腫れぼったくなり、いつもより目が小さく見える
  ●枕の跡が残っている
  ●思い切り口角を上げて笑った後、口元の笑いジワが30秒以内に消えない
   などチェック方法があります。
 
浮腫みを解消させるには冷え対策も大切ですが、過剰に摂取した余分な水分を排出させるのも大切です☆
水分排出には利尿作用のあるカリウムを多く含む食材を摂るようにしましょう

☆カリウムを多く含む食材としてお薦めなのが☆
利尿作用のある食材のきゅうり・ほうれん草・人参・さつまいも・きのこ・スイカ・メロン・バナナ・キウイ・アボガド などがあります。

これら以外にも代謝促進、血行促進の効果のあるグレープフルーツ、レモン、トマト、プルーン、梅干し、お酢なども浮腫み改善&予防にはお勧めです♪
※柑橘系は朝に摂取するとシミとつくる原因になりますので夜に摂りましょう!

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-3-22 一番町センタービル2F TEL:022-262-2910 FAX:022-262-3904
10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
上記赤日 が休業日となります。