2013.10.09
サロン・ド・ラン新聞 10月号
10月になりました。過ぎてしまうと、暑かった夏もほんの一時だったように思われます。
今月号は、お肌の老化とも深くかかわってくるAGEについてです。

AGEとは終末糖化産物、
すなわち「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」で、強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。
AGEとは
体内で作られる場合と、食物から取り込まれる場合があります。

AGEは、加熱してこんがり焼けた
キツネ色の部分に発生します。このため「焼き目のついた食品はAGEが多い」そうです。
トンカツ、唐揚げ、ステーキ、焼き鳥など、揚げたり焼いたり、炒めたりした動物性脂肪食品には
特にAGEが多く含まれます。

また、ポテトチップスやフライドポテト、タバコもAGEが非常に多いとされています。急激に温度を上げる
電子レンジ調理もあまりよくありません。
AGEを増やさないためには、
ゆでる、煮込む、蒸すといった水を使った調理方法がオススメです。

AGEは、
「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」
ですから、生野菜・刺身などの食品はAGEの少ない食品と言えます。


AGEがお肌に与える影響…
お肌の柔らかさを保っているのはコラーゲンなどのタンパク質です。肌のコラーゲンは年々ジワジワと
体温で加熱されていきます。そうすることでAGE化します。
そこに紫外線が影響すると、コラーゲンが変質し弾力性を失い、シワやたるみが発生してしまうのです。
AGEは褐色のため、AGE化が進行すると、シミやくすみも発生します。

他にも、AGEが血管に蓄積すると
心筋梗塞や脳梗塞、骨に蓄積すると骨粗しょう症、目に蓄積すると白内障の一因となり、
AGEは美容のみならず、全身の健康に影響を及ぼしていると言えます。
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-3-22 一番町センタービル2F TEL:022-262-2910 FAX:022-262-3904
10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
上記赤日 が休業日となります。