2019.06.04
サロン・ド・ラン新聞 令和元年 6月号

6月になりました!高温・多湿。そのうえ日差しも気になる時期ですよね。
梅雨でジメジメ、雨続き・・通勤だけでもちょっとストレスになってしまし方も多いと思います。
そんな時だからこそ、お肌のコンデションを整えて、ストレスフリーで過ごしたいですよね。
この時期にも起こりやすいとされる『インナードライ』ご存知の方も多いと思いますが、

インナードライとは肌が乾燥しているために皮脂が多く分泌され、肌表面が皮脂でベタついているのにかかわらず、

肌内側は水分不足で乾燥しているという肌状態のこと。

自分では乾燥していると感じないので保湿不足を引き起こし肌バリア機能を低下させてしまう恐れがあります。
☆紫外線の影響
雨の影響で量はピーク時には劣りますが、紫外線の強さは真夏並みです!
梅雨の晴れ間は、実感しますが、雨でも曇りでも紫外線は降り注がれています。

天候に左右されずに、しっかりとした紫外線対策は必須となります。
紫外線の影響をうけた肌は、水分が蒸発し、バリア機能が低下してしまします。

そうすることで、肌の潤いが保てなくなり乾燥を招いてしまします。特にこの時期はインナードライを引き起こしやすくなります。
 
☆エアコンの使用による影響
気温、湿度共に上昇してゆきますので、除湿のためエアコンを使用し始めると肌が乾燥してしまします。

そうすると、さらに肌を潤わせるため皮脂分泌が活発になってゆきます。結果、インナードライに( ゚Д゚) 
 
 
☆汗の影響
湿度が高いと汗が出やすくなります。汗の成分のほとんどが水分となっているため、

汗が蒸発する時に角質層のうるおい成分も一緒に流出させてしまいます。

また、バリア機能が低下している場合は『汗』にも敏感に反応してしまします。

かいた汗や、汗に付着したほこりなどがかゆみを引き起こしたり、汗をかいたまま放置してしまうと、

細菌が繁殖しやすくニキビや肌荒れに!

☆保湿不足
湿気でお肌が潤っている様な感じがするため、冬場よりも乾燥対策は油断しがち!

さっぱりのお手入れで済ませてしまったり、夜のクリームをパスしてしまったり・・・保湿は念入りの行いましょう!

また、湿度60%を超えると菌の繁殖スピードが加速するといわれています。

空気中の雑菌からお肌を守るためにもインナードライにならないように気を付けましょう!
☆洗顔のしすぎ
汗をかくからと言って、1日何回も洗顔をしたり、べたつくからと強くこすったり、タオルでゴシゴシ拭いたり、

温かめのお湯で洗ったり・・・がインナードライを進ませてしまします。正しい洗顔方法で丁寧に洗いましょう!
 
インナードライが起こっている肌の、ターンオーバー(新陳代謝)は乱れ、

バリア機能低下・・様々な肌トラブルへとつながります。そうならない為にも油断せずしっかりした保湿を心がけましょう!

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-3-22 一番町センタービル2F TEL:022-262-2910 FAX:022-262-3904
6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
上記赤日 が休業日となります。