2014.12.16
サロン・ド・ラン新聞 平成26年8月号

 8月に入り、蝉の鳴き声もたからかに、まさに夏本番という感じですね。夏は海や山へ出かけたり、野外イベントなどなど何かと楽しみの多い季節ですが・・・お肌にとってはダメージも多い時期。

一年の中で、地球が太陽にもっとも近くなる夏の時期は、日光の照射量が多くなるため、紫外線を多く浴びる時間が必然的に増えることになります。紫外線によって、コラーゲンにダメージを与える活性酸素が発生し、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の周期が乱れると代謝も悪くなります。また冷房や冷たいものばかりを摂る事が増えるなど、体の中からも冷やしてしまいがちなこの季節。そのうえ、汗によるバリア機能の低下や冷房による乾燥で夏の肌は、ボロボロの状態?!なんてことも・・・

そんな、危険がいっぱいの夏のお肌に朗報です!

以前よりご好評いただいていた炭酸パックが、さらにパワーアップしリニューアルして登場しました!

<なぜ、炭酸がお肌に良いの?>

炭酸ガス(CO2)が入った温泉に浸かると、お肌がつるつるになり血行が良くなるという経験をされている方も多いと思います。また、ご存じの方も多いと思いますが、CO2は傷の治療薬として医療現場でも使用されています。それは、CO2に優れた血管拡張作用があり、皮膚からCO2が吸収されると周辺の毛細血管が拡張します。その結果血流量が増え皮膚の細胞が酸素を十分に受け取れるため、細胞は新鮮な酸素により活性化し新陳代謝が活発になります。また、細胞間に留まっていた色素や老廃物を血管やリンパに送り出します。そして、CO2パックはお肌に酸素を供給する働きに優れていますが、皮膚からの吸収がとても良くなる状態も作ってくれるのです。なんて素敵なガスなのでしょう・・・

今回、リニューアルされた炭酸パックは従来の炭酸パックに比べCO2の発生量、時間ともに倍以上となっている上、お肌に嬉しい美容成分(4種のヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン、セラミド、アズレン)が配合されています。なんて素敵!!

使い方も、一包化された1剤と2剤を入れかき混ぜて塗るだけ。従来のパックに比べ泡状になりふんわり柔らかくとても塗りやすくなり使い勝手も良くなっています。

この夏は、シュワシュワと刺激的な炭酸パックでお肌の代謝を高め、ぜひ美肌を手に入れてくださいね!

 

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-3-22 一番町センタービル2F TEL:022-262-2910 FAX:022-262-3904
10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
上記赤日 が休業日となります。