2010.08.31
【9月号】コレステロールについてのお話!

9月になりました~
まだまだ残暑が続いていますね~
皆さんはしっかり夏を満喫しましたか?
9月もまだまだ暑いそうなので、引き続き体調管理をしっかりしていきましょう

さて今月のお題は、『コレステロール』についてです!皆さんも健康診断などで検査していると思いますが、コレステロールについて見直してみましょう


コレステロールとは??

コレステロールは体内の細胞を作ったり、ホルモンの原料になったり、栄養素の消化吸収に関るなど、私たちの生命を維持する上で欠かせない成分です!!

23割が体外から取り入れられ、78割 は糖や脂肪を使って肝臓などで合成されます。コレステロールは、体内の脂質の一種で水分や血液に溶けないため、血液中のタンパク質などに結合して、人間の 体の隅々に大切なものを運んでいます。このコレステロールとタンパク質が結合したものをリポタンパク質といいますが、リポタンパク質には種類があり、その 中でも皆さんがよく耳にするのが「善玉コレステロール(HDL)」悪玉コレステロール(LDL)」です。ではそれぞれどのような働きをするのでしょうか?

☆善玉コレステロール(HDL)・・・血液中の余分なコレステロールを集めて、肝臓に運ぶ働きをしています。

☆悪玉コレステロール(LDL)・・・コレステロールを全身に運ぶ働きをしています。
 
 
このように善玉・悪玉とありますが、悪玉だからといって悪玉コレステロール自体が悪いわけではなく、どちらのコレステロールも体には必要な成分であり、バランスがとれていれば何の問題もないのです!

しかし、なぜ悪玉コレステロールは悪玉といわれているのでしょうか...


動脈硬化の危険性??

 悪玉コレステロールは、コレステロールを全身に運ぶ大切な働きをしていますが、食生活の欧米化などにより脂肪分を多く摂り過ぎると、血液中のコレステロールが増え、血液中に含まれた悪玉コレステロール(LDL)は行き場がなくなり、血液中に留まってしまいます。。通常なら善玉コレステロールが余分なLDLを回収して肝臓に運んでくれるのですが、多すぎると回収しきれず、余ったLDLは血管や組織に沈着し血管を狭くして血液の流れを悪くし、その結果動脈硬化になり生活習慣病を誘発してしまうのです...これが「悪玉」と言われる原因なのです...


コレステロールを下げる食品は??

☆コレステロールを減らすのに役立つ食品
ブロッコリー・芽キャベツ・青菜・ピーマン・れんこん・ごぼう・切り干し大根・納豆・きのこ・海藻・青背の魚(さば、さんま、ぶり、いわし)
☆コレステロールを減らす飽和脂肪酸の多い食品
青背の魚・オリーブ油・ごま油などの植物油

皆さんも人事だと思わないで、日々の食生活でしっかり自己管理していきましょう!
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-3-22 一番町センタービル2F TEL:022-262-2910 FAX:022-262-3904
12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
上記赤日 が休業日となります。